うつ、うつ病

2013年2月25日 (月)

 病の存在理由。 (鬱のメカニズム)

 
 
 
 
 
 
 
 めんどくさいな。
 
 
 
 あ~、めんどくせー。
 
 
 
 
 
 
 
 これだけで、十分、病の兆候という事すら出来ます。
 
 
 
 この先にあるのが、本物の鬱です。
 
 
 
 その内、電話にも出られなくなります。
 
 
 
 
 
 
 
 では、なぜ、あなたは今、何もかもがこんなにも面倒くさいのでしょう。
 
 
 
 それを己に、真剣に、問うてみた事はありますか?
 
 
 
 
 
 
 
 それに気付いてもらうために、
 
 
 
 この病はあるのです。
 
 
 
 
 
 
 
 あなたが本来のあなた(生まれた時のあなた)でない時、
 
 
 
 それが、あまりにもかけ離れて、継続してしまった時、
 
 
 
 この病は起こるのです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 すべての魂に、
 
 
 
 この世に生まれてきた本文というものがあります。
 
 
 
 あなたの今世でのテーマとでも言いましょうか。
 
 
 
 それは、現在の社会的地位、名声、所持するお金の多寡などとは、全く別の次元にあります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 またまたこの記事、これより推敲してまいります。















 今、ここに感謝を。
 
 
 ありがとうございます。
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月12日 (火)

 疲労困憊。 (鬱のメカニズム)

 
 
 
 
 
 疲れている時は、何をやってもダメ。
 
 
 とにかく休むに限る。 これ鉄板。
 
 
 
 
 
 いわゆる、氣力が落ちている状態でありますから、
 
 
 行動力は愚か、
 
 
 見えてくる景色、
 
 
 同じ私であるにも関わらず、
 
 
 同じものを見ても、
 
 
 その印象が、全く違ったものになってしまいます。
 
 
 見るもの、聞くもの、触れるもの、
 
 
 何もかもが嫌なものに思えてきます。
 
 
 倦怠、嫌悪。 何もかもが負荷、負担に思えてきます。
 
 
 以前は楽しめたものでさえ、このような心象になってきます。
 
 
 
 
 
 子供の頃を思い出してみて下さい。
 
 
 目の前の水溜りを、
 
 
 ひょいと軽やかに飛び越えるあなたでした。
 
 
 それが今は、
 
 
 重い身体を引きずり、
 
 
 元気な時は、難なくいなせる水溜りを前に、
 
 
 ぐったりしています。
 
 
 心はサンドバック状態。
 
 
 目の前に起こる事は全て
 
 
 苦痛でしかありません。
 
 
 ストレスの蓄積で、
 
 
 心の弾力性を失ってしまっているのです。
 
 
 これは、寧ろ、人を話をよく聴いて、理解しよう、和合しようとする、所謂”いい人”ほど陥り易い状態だと思います。 経験から、そう思います。
 
 
 人の何気ない行い、一言が、
 
 
 氣力の落ちたあなたには、決定打になってしまう。
 
 
 
 
 
 これは、理屈じゃないんですね。
 
 
 
 
 
 こんなはずじゃない。
 
 
 ついこの前まで好調だっただけに、
 
 
 私はこんなだったのか?
 
 
 いや、違う。 そんなはずはないなどと思いながら、
 
 
 もがいて、何かをして、頑張ってしまうと、
 
 
 余計にこじれてしまいます。
 
 
 
 
 
 それでも、出勤しなければならない。
 
 
 生活費を稼がなきゃいけない。
 
 
 人間関係を保たなきゃいけない。
 
 
 今の世の中は、そんな仕組みになっています。
 
 
 そして新たな疲労は上書き、さらに蓄積され、本来あるべく自己との乖離がますます進んでいきます。
 
 
 当然、病まってしまう人、そして潜在的に病を抱えてしまう、所謂未病の人は増えていく一方です。
 
 
 頑張り屋さん、そして寧ろ責任感の強い人に、この病が多いのも頷けます。
 
 
 
 
 ドタキャン、バックレはあって当然。
 
 
 それでも、あなたを認めていますよ。
 
 
 理解できますよ。 信じていますよ。 あなたはあなたですもの。
 
 
 という、信じられないくらい自由な世の中にならない限りは、
 
 
 正直言って、この病は無くならないと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 なぜ私が今、また、改まってこんな記事を書いているのか。
 
 
 これは、私にとってとても大切な事だからかもしれません。
 
 
 今世の、私のテーマだからかもしれません。
 
 
 
 
 
 
 
 この記事、これよりさらに深く推敲してまいります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 今、ここに感謝を。
 
 
 有難うございます。
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月31日 (土)

 ご挨拶。

 

 

 

 こんばんは。

 

 今年も残すところ、あと3時間。

 

 今、年賀状も出し終えまして、一息ついているところです。

 

 今年はお陰様で、病の真っ最中だった去年や一昨年の今頃とは違い、心も体も比較的軽く、残遺障害である陰性症状はまだみられるものの、朝にはお風呂も入れましたし、できる範囲でではありますが、掃除もできて、今、とても落ち着いた、静かな気持ちで過ごす事ができています。 お正月を迎えるにあたり、こんなすがすがしい気持ちになれているのは、私の人生において、本当に久しぶりの事で、とても感慨深いです。 感謝というより他はありません。

 

 

 今、鬱や統合失調など、病の渦中にある方、どうか自分を許し、信頼し続けてください。 長い年月を要するとは思いますが、それを越えた、ふとした時に、必ず一縷の光が見えてくる時がきます。 決して希望を捨てないで下さい。

 

 

 さて、当ブログは、2008年から書き始めて、今度、5年目を迎えます。 今年の7月からは、ツイッターを始めた為(右サイド下のバナーで、リンクしています)、更新は減ってしまいましたが、やはり、長文を書き留める事ができる利点を活かし、これからも、時々ではありますが、記事を書き続けていこうと思っています。 ツイッター共々、これからも、宜しくお願い致します。 それでは、最後にご挨拶を。

 

 

 

 来る年も、どうぞ、当ブログ、宜しくお願い致します。

 今年も一年、ありがとうございました。

 どうぞ皆さん、良いお年を。

 

 

 

 

 

 今、ここに感謝を

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月15日 (木)

 新しい朝 ~2011年9月15日

 

 

 

 Rimg12971

 

 

 おはようございます。 よくぞお目覚めになられました。

 

 

 天があなたは生きていても良いと認めてくれている証拠です!

 

 

 昨日は自身を責めて悩み、とてもつらい夜だったでしょう。

 

 

 今もきっと重い事でしょう。

 

 

 でも、私はあなたの新しい朝におめでとうと伝えたいです。

 

 

 生きていても良いのですよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今、ここに感謝を。

 ありがとうございます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月25日 (木)

 ちょっと告白。 ~(鬱になるメカニズム Ⅱ)

 

 

*この記事は、過去の記事、「志 は 高く。 (鬱になるメカニズム Ⅰ)」 に続いています。 よろしければ、ぜひ、過去記事も併せてご覧下さい。

 

 

 激しい陰性症状(鬱状態)から解放される時、私は沢山の気付きを得て、生かしてくれてありがとう、生きてて良かったと素直に思えるようになって生まれ変わるんです。

 

 そして、その都度、今回の鬱の要因は己のエゴイズムであったという事に気付かされるのであります。

 

 鬱は自己との対話です。

 

 私は鬱ジャンキーかもしれません。

 

 かれこれ、これを3年半繰り返しています。

 

 私は、この病(障害)と共生しています。

 

 おかげで、かなり人格が変わってきていると思います。

 

 無駄なものが排泄されてきています。

 

 きっとこれは、産みの苦しみなのでしょう。

 

 渦中にある時は、本当に苦しいのですけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 今、ここに感謝を。

 ありがとうございます

 

*携帯からタイプキャストでこのブログをご愛読の方々へ、いつもありがとうございます。 この度、ツイッターを始めました。https://twitter.com/#!/YasuhikoSUN つぶやいてマス。 こちらの方もご興味があれば、読んでやって下さい。 また、当ブログは、動画や写真の貼り付けも積極的に取り入れ、表現しております。 対応するブラウザで見て頂くと、より、楽しめるかと思います(あまり、楽しくはないブログだとは思いますが・・・(^-^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 3日 (水)

 鬱を克服する、悪魔の呪文。

 

 

 

 

 俺がやらなきゃ、誰かがやる! (笑)

 

 

 

 

 

 出典:「俺がやらなきゃ、誰がやる!」

 

 今、ここに感謝を

 ありがとうございました。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 1日 (月)

 今日の一言。 ~2011年8月2日 (課題) 

 

 

 

 自他共に弥栄する喜びの為の

 

 自発的な課題ならば、

 

 その為に己に課す課題ならば、

 

 己の壊れぬ範囲において、

 

 私はどんどん課そうと思う。

 

 私は、自然の中に

 

 厳しさと優しさを見出す人間なのです。

 

 

 

 それで、己が鬱になるのならば、

 

 その課題は、

 

 調和を欠いた

 

 エゴイズムであったという事に気付かされるのであります。

 

 

 

 宇宙はいつだって

 

 完璧なメカニズムとダイナミズムで動いているようです。

 

 私達の魂も肉体も

 

 その一部に過ぎないのであります。

 

 

 

 

 

 

 

 今、ここに感謝を

 ありがとうございます。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月11日 (月)

 世間を憂う、その前に。

 

 

 

 傷つき、こんがらがって、疲れ果ててしまったのならば、

 

 いつでも、振り出しに戻りましょう。

 

 もう、無理。 と、白旗をあげちゃいましょう。

 

 無期限休業(笑)。

 

 とりあえず、楽になりますよ。

 

 途中、煩悶地獄も見ますがね。

 

 

 

 少し元気が出てきたら、

 

 まずは、きちんと自炊をして、

 

 ご飯を食べる、という所からやり直してみましょう。

 

 

 

 私はいつでも、ここを、基本にしています。

 

 いつでも、ここに戻ってきます。

 

 

 

 私と一緒に、始めてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 今、ここに感謝を

 ありがとうございます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月10日 (日)

 今日のぼやき ~2011年7月10日。 (重い私)

 

 

  

 なんで、こんな事に気付いてしまうのだろう。

 

 こんな事、知らなきゃ良かった。

 

 知らなきゃ、もっと楽に過ごせるのに。

 

 もっと明るく過ごせるのに。

 

 

 

 そんな風に思う事が、

 

 私にはしょっちゅうあります。

 

 

 

 でも、見えてしまう。

 

 勘付いてしまう。

 

 

 

 しょうがないな、と

 

 重い私と向き合うしかないのであります。

 

 

 

 葉の裏、表。 隅々まで。

 

 葉脈の流れ、微細な毛羽立ち、風の流れ、色彩の変化・・・

 

 あっ、虫さんがいる!

 

 

 

 果たしてその意味するものは!

 

 

 

 一事が万事です。 葉っぱの話しは、例えです。

 

 まったく、嫌になります(笑)。

 

 

 

 でも、心の底で、

 

 こんな私だからこそ、顕せる世界が必ずあると信じ、

 

 なだめ言い聞かせ、

 

 本当は暗く重い腰を隠し、まるで物凄い馬鹿みたいに、明るく、無責任な今の社会を生きているのです。

 

 

 虚構だろ?

 

 

 私の精神の統合性は、今、完全に失調しています。

 

 

 しかし、私は今、ここに、確かに息づいている事を認めています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ありがとうございます。

 今、ここに感謝を

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月20日 (日)

 ありがとう。

 

 

 先日、とある所用があって、私の住む街にある、市役所まで行って来ました。

 

 途中、何でもない街路樹や庭先の木々に触れながら、穏やかな心で、歩く事ができました。

 

 こうして、普通に外を歩く事が出来なかった私からすれば、それはとても奇跡のように感じられました。

 

 私は今、たくさんの人に支えてもらって、生かされています。

 

 ふと、胸に込み上げてきた気持ちを、私は手帳に記しました。

 

 ありきたりですが、私の手帳より、

 

 

「ありがとう。」

 

 

起きれる事に、ありがとう。

 

食べれる事に、ありがとう。

 

歩ける事に感謝。

 

しゃべれる事にも感謝。

 

泣ける事に、ありがとう。

 

笑える事に、ありがとう。

 

生きてる事に、ありがとう。

 

出来る事を、出来る事から。

 

 

Rimg9048

 

 

 

 読んでくれて、ありがとうございます。

 今、ここに感謝を

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧