«  仕事。 | トップページ

2013年4月24日 (水)

 現像ソフトによる描写の違い。 (写真)

 
 
 こんにちは。
 
 
 お久しぶりです。
 
 
 こちらはお陰様で、日々大切に暮らしております。 もう、今は、生きてるだけで、奇跡のような世の中ですね。
 
 
 さて、今日の記事は、趣味の写真のおはなし。
 
 
 先日、いつもの畑で撮った写真を現像している際に、? と思った事があり、これは伝えねばと思い、記事にしている次第であります。
 
 
 まずはとにかくその画像をご覧下さい。
 
 
 

2

 
 
 いつものブルーベリー畑に留まるヒヨドリさんです。 何を想うのでしょうね。
 
 
 こちらは、Adobe の Lightroom 4 を使って現像したものです。
 
 
 解説付けずに、すぐ、もう一枚、紹介いたします。
 
 
 

Photo

 
 
 こちらが、オリンパス純正の現像ソフト、Orympus viewer 2 で 現像したものです。
 
 
 またか。 という声が聴こえてきそうです(笑)。
 
 
 どちらも大差ないじゃないかと。
 
 
 
 
 もう一度、鑑賞してみましょう。
 
 
 

2_2

 
 
 
 こちらが、Lightroom による現像。
 
 
 テーマのわかり易い、とても、スッキリした画になってますね。
 
 
 画質の調整は、そのままでは、Olympus viewer と全体の明るさに差が出るため(そういう仕様のようです。)露光量を+0.21しています。 そしてコントラストもOlympus viewer での画に近づける為、-6しています。 そして色収差補正にチェック、そしてフリンジ除去。 シャープネスは元々の値の25より若干上げ32としています。 さらに、カラーノイズ補正を元々の値25より下げ、18としています。
 
 
 撮影機材は、最近オークションで落札し、新たなコレクションに追加された RMC Tokina 70-210 1:3.5 というレンズを使っています。 カメラはこれまたオークションで手に入れた 現在の愛機、オリンパスの E-520 を使っています。
 
 
 さて、では、今回のミソ、Olympus viewer による現像の画を見てみましょう。 サイズはどちらの画も1280×960にリサイズしてあります。 (クリックで1280×960の画が見れます。)
 
 
 

Photo_2

 
 
 私は、この画が好きなんです。
 
 
 
 Olympus viewer にも、色収差補正の項目はあるのですが、いくらいじっても、このレンズの、この画に出ている収差は補正する事が出来ませんでした。 フリンジの除去は、このソフトでは出来ません。 それは、例えば防鳥ネットをかける為の鉄の単管周辺の描写、画像周辺に向かうに従い、顕著に出ています。 色収差というよりも、これはフリンジでしょうね。 紫色の、色のズレです。
 
 
 
 でも私は、こちらの画の方が好きなんです。 収差もフリンジもお構い無しの、リサイズのみの、撮って出しの画です。
 
 
 
 いつも畑にいる、私の感じる空気は、寧ろこちらの画の方なんです。
 
 
 
 何て言うか、私の好きな、田舎くさい空気。 Lightroom で色収差やフリンジを取ってしっかり現像したものよりも、描写の奥深さ、そして現実感。 物語を感じるのは、断然、こちらの画の方なのです。
 
 
 
 という訳で、最後に、Lightroom での、リサイズのみの画像も貼っておきたいと思います。
 
 
 

Photo_3

 
 
 
 
 現像って、面白いですね。
 
 
 
 沼のようです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 有難うございます。
 
 
 今、ここに感謝を
 
 
 
 また、お会いしましょう。
 
 
 
 
 
 

|

«  仕事。 | トップページ

写真」カテゴリの記事

コメント

拡大すると、ボケがリング状になっていて、綺麗ですね。

投稿: こんだです | 2019年5月 8日 (水) 16時11分

6年前ですね、これ。
悠久の時の流れからすれば
6年如き大した期間ではないのですが、感慨深いですね。
当時はこんな事を考えていたのかと。
少しハッとさせられると言いますか。
かなり繊細だったかなと。
こんださん仰せのボケに注目してみると、同じレンズ、同じ条件下での撮影のはずなのに、
ボケ味も微妙に違いがあるなと、気付かされた次第です。
写真は近頃は専ら持ち歩きやすいコンデジを使うようになっていて
一眼もレンズも押し入れの肥やしになってしまって、写真というものの本格的な追求はしなくなってしまいました。。
そして最近ではスマホを使う事も珍しくありません。(今年からようやくガラケーをやめてスマホ所有者となりました。これはこれでどれにしようかとかなり逡巡しましたけどね。)
ただ、本格的に撮りたいなら、やはり一眼ですね。
こちらのブログも一眼同様、ほったらかしの塩漬け状態でございます。。。
コメント有難う御座いました。

投稿: 康彦さん | 2019年5月 8日 (水) 20時16分

追伸:
>同じレンズ、同じ条件下での撮影のはずなのに
と言うよりも、この時は画像の元データ自体が一緒ですね。
それを別個の現像ソフトを通してみて、違いを比べてみているというものでした。
拘り出すとですね、また始まっちゃうんだこれが(笑)。
きっちり伝えなきゃと言うか、ただじゃ済まないと言うか(笑)。

投稿: 康彦さん | 2019年5月 8日 (水) 20時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:  現像ソフトによる描写の違い。 (写真):

«  仕事。 | トップページ