«  解像と解像感、そして臨場感について (写真) | トップページ |  病の存在理由。 (鬱のメカニズム) »

2013年2月12日 (火)

 疲労困憊。 (鬱のメカニズム)

 
 
 
 
 
 疲れている時は、何をやってもダメ。
 
 
 とにかく休むに限る。 これ鉄板。
 
 
 
 
 
 いわゆる、氣力が落ちている状態でありますから、
 
 
 行動力は愚か、
 
 
 見えてくる景色、
 
 
 同じ私であるにも関わらず、
 
 
 同じものを見ても、
 
 
 その印象が、全く違ったものになってしまいます。
 
 
 見るもの、聞くもの、触れるもの、
 
 
 何もかもが嫌なものに思えてきます。
 
 
 倦怠、嫌悪。 何もかもが負荷、負担に思えてきます。
 
 
 以前は楽しめたものでさえ、このような心象になってきます。
 
 
 
 
 
 子供の頃を思い出してみて下さい。
 
 
 目の前の水溜りを、
 
 
 ひょいと軽やかに飛び越えるあなたでした。
 
 
 それが今は、
 
 
 重い身体を引きずり、
 
 
 元気な時は、難なくいなせる水溜りを前に、
 
 
 ぐったりしています。
 
 
 心はサンドバック状態。
 
 
 目の前に起こる事は全て
 
 
 苦痛でしかありません。
 
 
 ストレスの蓄積で、
 
 
 心の弾力性を失ってしまっているのです。
 
 
 これは、寧ろ、人を話をよく聴いて、理解しよう、和合しようとする、所謂”いい人”ほど陥り易い状態だと思います。 経験から、そう思います。
 
 
 人の何気ない行い、一言が、
 
 
 氣力の落ちたあなたには、決定打になってしまう。
 
 
 
 
 
 これは、理屈じゃないんですね。
 
 
 
 
 
 こんなはずじゃない。
 
 
 ついこの前まで好調だっただけに、
 
 
 私はこんなだったのか?
 
 
 いや、違う。 そんなはずはないなどと思いながら、
 
 
 もがいて、何かをして、頑張ってしまうと、
 
 
 余計にこじれてしまいます。
 
 
 
 
 
 それでも、出勤しなければならない。
 
 
 生活費を稼がなきゃいけない。
 
 
 人間関係を保たなきゃいけない。
 
 
 今の世の中は、そんな仕組みになっています。
 
 
 そして新たな疲労は上書き、さらに蓄積され、本来あるべく自己との乖離がますます進んでいきます。
 
 
 当然、病まってしまう人、そして潜在的に病を抱えてしまう、所謂未病の人は増えていく一方です。
 
 
 頑張り屋さん、そして寧ろ責任感の強い人に、この病が多いのも頷けます。
 
 
 
 
 ドタキャン、バックレはあって当然。
 
 
 それでも、あなたを認めていますよ。
 
 
 理解できますよ。 信じていますよ。 あなたはあなたですもの。
 
 
 という、信じられないくらい自由な世の中にならない限りは、
 
 
 正直言って、この病は無くならないと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 なぜ私が今、また、改まってこんな記事を書いているのか。
 
 
 これは、私にとってとても大切な事だからかもしれません。
 
 
 今世の、私のテーマだからかもしれません。
 
 
 
 
 
 
 
 この記事、これよりさらに深く推敲してまいります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 今、ここに感謝を。
 
 
 有難うございます。
 
 
 
 

|

«  解像と解像感、そして臨場感について (写真) | トップページ |  病の存在理由。 (鬱のメカニズム) »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

うつ、うつ病」カテゴリの記事

健康、不健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:  疲労困憊。 (鬱のメカニズム):

«  解像と解像感、そして臨場感について (写真) | トップページ |  病の存在理由。 (鬱のメカニズム) »