« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月25日 (月)

 病の存在理由。 (鬱のメカニズム)

 
 
 
 
 
 
 
 めんどくさいな。
 
 
 
 あ~、めんどくせー。
 
 
 
 
 
 
 
 これだけで、十分、病の兆候という事すら出来ます。
 
 
 
 この先にあるのが、本物の鬱です。
 
 
 
 その内、電話にも出られなくなります。
 
 
 
 
 
 
 
 では、なぜ、あなたは今、何もかもがこんなにも面倒くさいのでしょう。
 
 
 
 それを己に、真剣に、問うてみた事はありますか?
 
 
 
 
 
 
 
 それに気付いてもらうために、
 
 
 
 この病はあるのです。
 
 
 
 
 
 
 
 あなたが本来のあなた(生まれた時のあなた)でない時、
 
 
 
 それが、あまりにもかけ離れて、継続してしまった時、
 
 
 
 この病は起こるのです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 すべての魂に、
 
 
 
 この世に生まれてきた本文というものがあります。
 
 
 
 あなたの今世でのテーマとでも言いましょうか。
 
 
 
 それは、現在の社会的地位、名声、所持するお金の多寡などとは、全く別の次元にあります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 またまたこの記事、これより推敲してまいります。















 今、ここに感謝を。
 
 
 ありがとうございます。
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月12日 (火)

 疲労困憊。 (鬱のメカニズム)

 
 
 
 
 
 疲れている時は、何をやってもダメ。
 
 
 とにかく休むに限る。 これ鉄板。
 
 
 
 
 
 いわゆる、氣力が落ちている状態でありますから、
 
 
 行動力は愚か、
 
 
 見えてくる景色、
 
 
 同じ私であるにも関わらず、
 
 
 同じものを見ても、
 
 
 その印象が、全く違ったものになってしまいます。
 
 
 見るもの、聞くもの、触れるもの、
 
 
 何もかもが嫌なものに思えてきます。
 
 
 倦怠、嫌悪。 何もかもが負荷、負担に思えてきます。
 
 
 以前は楽しめたものでさえ、このような心象になってきます。
 
 
 
 
 
 子供の頃を思い出してみて下さい。
 
 
 目の前の水溜りを、
 
 
 ひょいと軽やかに飛び越えるあなたでした。
 
 
 それが今は、
 
 
 重い身体を引きずり、
 
 
 元気な時は、難なくいなせる水溜りを前に、
 
 
 ぐったりしています。
 
 
 心はサンドバック状態。
 
 
 目の前に起こる事は全て
 
 
 苦痛でしかありません。
 
 
 ストレスの蓄積で、
 
 
 心の弾力性を失ってしまっているのです。
 
 
 これは、寧ろ、人を話をよく聴いて、理解しよう、和合しようとする、所謂”いい人”ほど陥り易い状態だと思います。 経験から、そう思います。
 
 
 人の何気ない行い、一言が、
 
 
 氣力の落ちたあなたには、決定打になってしまう。
 
 
 
 
 
 これは、理屈じゃないんですね。
 
 
 
 
 
 こんなはずじゃない。
 
 
 ついこの前まで好調だっただけに、
 
 
 私はこんなだったのか?
 
 
 いや、違う。 そんなはずはないなどと思いながら、
 
 
 もがいて、何かをして、頑張ってしまうと、
 
 
 余計にこじれてしまいます。
 
 
 
 
 
 それでも、出勤しなければならない。
 
 
 生活費を稼がなきゃいけない。
 
 
 人間関係を保たなきゃいけない。
 
 
 今の世の中は、そんな仕組みになっています。
 
 
 そして新たな疲労は上書き、さらに蓄積され、本来あるべく自己との乖離がますます進んでいきます。
 
 
 当然、病まってしまう人、そして潜在的に病を抱えてしまう、所謂未病の人は増えていく一方です。
 
 
 頑張り屋さん、そして寧ろ責任感の強い人に、この病が多いのも頷けます。
 
 
 
 
 ドタキャン、バックレはあって当然。
 
 
 それでも、あなたを認めていますよ。
 
 
 理解できますよ。 信じていますよ。 あなたはあなたですもの。
 
 
 という、信じられないくらい自由な世の中にならない限りは、
 
 
 正直言って、この病は無くならないと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 なぜ私が今、また、改まってこんな記事を書いているのか。
 
 
 これは、私にとってとても大切な事だからかもしれません。
 
 
 今世の、私のテーマだからかもしれません。
 
 
 
 
 
 
 
 この記事、これよりさらに深く推敲してまいります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 今、ここに感謝を。
 
 
 有難うございます。
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 2日 (土)

 解像と解像感、そして臨場感について (写真)

 
 
 

Photo_4

 
 
 
 
 
 
 
 
 

15608

 
 
 
 
 
 
 
 最近は、写真にハマっておりまして。
 
 
 
 上のふたつの写真、よくご覧になってみて下さい。
 
 
 
 これが、わたしが今、写真にハマっている理由のひとつなのであります。
 
 
 
 下の写真は、アンシャープマスクというものをかけたものであります。
 
 
 
 お猿さんに注目すると、本当に微妙な差ではありますが、上のお猿さんよりは、下のお猿さんの方が確かにキリリとしております。 バックに対しての存在感、或いは石の肌目が引き立っています。 こちらの方がメリハリがあって、比較的わかりやすい画ではあります。 
 
 
 
 それに比して、上の写真のお猿さんは、よく見ると、下の写真よりは眠たいです。 線がはっきりとしていません。
 
 
 
 
 う~ん。
 
 
 
 
 悩んだ挙句、わたしは上の写真をよしとしたのです。
 
 
 
 
 
 何故か。
 
 
 
 
 
 もう一度、よく見てみて下さいね。
 
 
 

Photo_5

 
 
 
 こちらが、色収差補正・リサイズのみの画像。
 
 
 
 
 

15608_2

 
 
 こちらが、それに、0.8ピクセル・156パーセントという、弱めのアンシャープマスクをかけたものです。
 
 
 
 
 この違いにハマっているのです。
 
 
 
 
 
 おいおい。
 
 
 
 
 大差ないぞ、という声が聞こえてきそうです。
 
 
 
 
 それも無理はありません。 どちらも画としては、使用したレンズ、機材のおかげもあって、なかなかの画と思います。 ちなみにレンズ、カメラとも、高額なものではありません。 レンズはオークションなどで5千円前後、カメラは1万円前後でやり取りされているものを使用しています。 (*前記事に続いて、レンズは ASAHI SUPER TAKUMAR 1:2.5/135mm 、カメラはオリンパスのデジタル一眼 E-500 を使用しています。)
 
 
 
 
 では、全体としての空気感に注目して参りましょう。 今度は見る順番を逆にしてみましょう。
 
 
 
 
 

15608

 
 
 
 
 こちらが、キリリとしたお猿さん。 冬の日中の明るい光と、澄んだ空気を感じる事が出来ます。
 
 
 
 
 
 
Photo_4
 
 
 
 
 そしてこちらが、アンシャープマスクをかける前の、やや線の淡いお猿さんの画であります。 当然、こちらの方が、元画像に近い訳です。
 
 
 
 
 鈴やしめ縄などの、背景のボケと共に、画を全体で感じてみましょう。
 
 
 
 
 お猿さん自体の描写は、上の画に比して、ぼんやりとしていて眠いのですが、じっくりと見ていくと、空気感の表現としてはこちらの方が数段上手で奥深く、本当の意味での存在感、そして場の統一感のようなものまでが滲み出てくるのをきっと感じていただく事ができるはずです。 わかりやすく言えば、お猿さんが出過ぎていないのです。
 
 
 
 
 破綻する寸前くらいで処理を抑えていますので、上の、アンシャープマスクをかけた、キリリとしたお猿さんの画も、そんなに悪くはありません。 というか、ほとんど差がわかりません(笑)。
 
 
 
 
 でも、この空気感というものの表現に気が付いてしまうと、写真の面白さの虜になってしまうかもしれません。
 
 
 
 
 それは、とても繊細で、精緻な世界なんです。
 
 
 
 
 現代社会の現実と照らし合わせると、それは、吹けば飛んで行ってしまうような世界です。
 
 
 
 
 気付かない方が、よかった世界かもしれません。
 
 
 
 
 しかし、感じる心、感性だけは嘘をつけません。
 
 
 
 
 以前にも、病の中でつぶやきましたが、
 
 
 
 
 感じる心こそあなたそのものであり、生きる礎なのだと、私は思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 写真はなかなか奥が深いです。
 
 
 
 沼のようです(笑)。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 それでは、またお会いしましょう。
 
 今、ここに感謝を。
 
 ありがとうございました。
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 お猿さんのお護り

 
 
 
 

Photo_3

 
 
 
~ ASAHI SUPER TAKUMAR 2.5/135 , Olympus E-500 DigitalSLR ~

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 ありがとうございます。
 
 今、ここに感謝を。
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »