« 【再掲】 公的肉体の自覚。 ~すべてはお借りしているもの | トップページ |  ちょっと告白。 ~(鬱になるメカニズム Ⅱ) »

2011年8月25日 (木)

 命ある限り。

 

 

 

 

 【権力】

 

 あなたは、自分の想像の範疇を超えたものを認めようとしない。

 

 そんなものは自己満足だ、インチキだと言って、可能性の芽を摘み、自己を保身する。

 

 今まで何人の人があなたに潰されてきただろうか。

 

 

 でも、私は潰されない。

 

 生きている限り。 命ある限り。

 

 

 証明してみせる。

 

 

 目に見えない者達、小さな命達の叫び、

 

 声亡き声を私は背負っているのだから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ありがとうございます。

 今、ここに感謝を。

 

|

« 【再掲】 公的肉体の自覚。 ~すべてはお借りしているもの | トップページ |  ちょっと告白。 ~(鬱になるメカニズム Ⅱ) »

散文、ポエム・詩」カテゴリの記事

ひらめき・直観 (まだまだ未熟)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:  命ある限り。:

« 【再掲】 公的肉体の自覚。 ~すべてはお借りしているもの | トップページ |  ちょっと告白。 ~(鬱になるメカニズム Ⅱ) »